面接におけるスタンダートなファッションとの比較

女性によるサービス提供を行う風俗店の面接は、多くの場合、女性スタッフに求めるものが、男性に好印象を与える基本的な素養とごく一般的な社会常識に重点を置いているために、ファッション面での模範解答がある程度決まっており、男性受けと品性のバランスが取れた服・靴・鞄のコーディネイトと全体的な清潔感に加え、年齢ごとに適切なメイクと髪型を整えるのが風俗での面接に際しての範例となります。

風俗店での面接に模範となる解答があるのと同じく、ほぼ確実に落ちるファッションも少なからずあり、ロリータ系・パンク系・B系(ストリート系)といったファッションを私服や服装自由の面接に選択するのは最悪手で、個性が強すぎるファションを選んだことによって、あくまで仕事の面接であるという一般常識部分の欠如を強く疑われてしまい、ほぼ落ちますし、私服面接にスーツをチョイスするのも、風俗面接の目的の一つである男性受けするファッションをコーディネイトできるか否かを見極めるのを阻害しかねず、好まれません。

ただ、風俗店の嗜好による違いもあり、ギャル系を売りにした店ならギャル系のコーディネイトを意識したファッションが求められることもありますし、OL風を売りにしている店ならスーツを主体としたOL風のファッションが求められることもあり得るので、求人に服装指定がある時は、事前に風俗店に問い合わせるなどして、適宜最適なファッションで面接に臨みましょう。

女性が風俗の面接で受かるファッション落ちるファッション

面接におけるスタンダートなファッションとして、企業面接でのファッションとバイト面接でのファッションのそれぞれに触れることで、風俗店面接においてのファッションとの比較材料としながら、風俗店で面接を受けるに当たってのファッション上の注意点をまとめました。