女性が風俗の面接で受かるファッション落ちるファッション

この記事をシェアする

一般的な面接時のファッション

面接における服装は雇用者サイドにとって、面接受験者の第一印象を決定づけるものであり、この第一印象は面接のように短時間で相手を見極めることが求められる場面においては挽回しようにも時間が足りないであろうことを考慮すると、決定的なものになりかねず、面接を通過して採用を目指すに当たっての関門であることに疑いの余地はありません。

正規・非正規を問わず会社員の面接用の服装はスーツ一択で、新卒がリクルートスーツ、それ以外はビジネススーツを選択するのがセオリーとなり、服装自由可や私服可のような曖昧な場合も私服よりはスーツを選んだ方がベターでしょう。

アルバイトの場合、私服面接が大半を占めますが、ジャージやスウェットを避け、一般社会に照らし合わせた常識の範囲内で清潔感のある服装を選ぶのが無難です。

風俗における面接時のファッション

風俗店での面接は商売柄、殊更、服装に気合を入れなければならないようなイメージを抱かれる方も少なくないでしょうが、指定された服装が私服であれば、アルバイトと同様にジャージやスウェット以外で外出着として違和感のない清潔感のある服装を選べば左程問題ありません。

ただし、ファッションへの関心が薄いことはマイナスイメージにつながるので、靴や鞄も最低限、外出に耐え得る清潔感のあるものを選ぶことが鉄則で、特に靴がスニーカーであったりしてしまうと好印象は与えられませんが、かといってヒールを履いて行くにしても、破損しているものや損耗が激しいものは、やはり好印象につながりませんので、手入れをしたパンプスやヒールが堅実でしょう。