風俗面接においてのファッションの役割

この記事をシェアする

風俗面接って顔とスタイルだけじゃないの?

風俗店をはじめとした風俗関係の仕事の面接だからといって、指定が無い限り過度に着飾る必要はありませんし、露出過多の服装も不要です。

風俗で働くなら顔とスタイルを見るための面接なのではと思われるかも知れませんが、風俗店で求めているのは、異性に好印象を与えることができるか否かであって、日々様々な異性を目にする風俗店経営者からすれば、よほど突出した容姿やスタイルでもない限りは、異性に好印象を与える最低限の能力を備えているか、異性に与える印象を理解した服装ができているかといった部分の方が重要となります。

服装以外にもメイクや髪型などからも異性受けの良さを理解しているか否かを探られるので、メイクはナチュラルメイクか顔立ちを生かす程度にし、髪型は髪の手入れを施して、年齢相応の落ち着いたものを選ぶのが良いでしょうが、ベリーショートは避けましょう。

面接ファッションから風俗店が知りたいこと

風俗店が面接を行うに当たって知りたいことは、面接を受けに来た人物が、働く上での最低限度の素養を備え、社会常識を身に付けているかに重きが置かれており、面接時のファッションは格好の判断材料となるもので、一般企業での面接にも増して第一印象が重視される傾向にあります。

これは、従業員として採用して風俗店に勤務する素養のうち通常最も重視されるものが、異性受けを理解しているかという点と一般的な社会常識に照らし合わせた行動をとり、雇用後にトラブルを起こさないかの二つの点にあることと、この二点に限れば、面接時のファッションからある程度は類推できることがその理由であり、面接受験者が常識の範囲内で異性受けと清潔感を両立できる素養と一般常識を持っている人物であるかを知ることが風俗店サイドの目的であるからに他なりません。